バイク免許を北海道で取得したい方は合宿がオススメ

当校は栃木県の観光地「那須高原」に近い教習所ですが、免許取得ついでに観光したいという方も沢山いらっしゃいます。
観光地で言えば、北海道で合宿免許を取得するという方もいらっしゃいます。卒業旅行を兼ねた学生はもちろん、ちょっとしたリフレッシュのためにやってくる社会人の方もいます。そんな北海道の合宿免許に参加する魅力はたくさんあります。実際に観光も兼ねている方もいますし、北海道ならではの美味しいものを目当てにやってくる方もいます。もちろん、大自然を満喫したい方もいます。北海道は合宿免許を取得するのに最適な土地なのです。
続きを読む バイク免許を北海道で取得したい方は合宿がオススメ

バイク免許の更新や書き換えについて基本をまとめます

自動車免許やバイク免許を持っていると、定期的に更新や書き換えが必要となります。そんな時、必要な情報がわからないと困惑することもあります。だからこそ、しっかりと情報については理解しておくことが必要です。そこで、ここでは自動車免許やバイク免許の更新・書き換えに必要な情報を紹介します。初めての方も難しいことは何もないので、まずは必要なものや手順だけしっかり確認しておくようにしましょう。なお、更新や書き換えに必要な情報などをまとめていくので、これからそういった手続きが必要な方は、参考にしてみてください。
続きを読む バイク免許の更新や書き換えについて基本をまとめます

バイク免許を考えている社会人の方へ情報提供します

社会人になってから免許を取得するというのは、難しいと思っている方もいます。しかし、そのようなことは全くありません。実際に社会人になってから自動車免許やバイク免許を取得するという方はとても多いです。そこで、今回は社会人になってから取得する方に向けて、必要な情報や気になるポイントについて紹介します。知っておくと便利な情報も多々あるので、そちらを参考にしてみてください。
続きを読む バイク免許を考えている社会人の方へ情報提供します

バイク免許は高校生でもバリバリ取得しています

運転免許の中でもバイク免許は高校生16歳から取得できる国家資格です。
カーアカデミー那須高原の入校生も半数以上が高校生を中心とした学生で皆さん元気に合宿免許に参加されています。
バイクは危ない!という考え方もありますが、バイクを扱う人がしっかり技能を身に付けマナーや法律を守れば実用的で楽しい乗り物です。
ここでは高校生がバイク免許の取得条件やおすすめの時期、支払方法などを説明いたします。
続きを読む バイク免許は高校生でもバリバリ取得しています

今、話題の125cc免許を考える

バイクの125ccは小型自動二輪免許で乗れます。道路運送車両法においては「原付2種」と言われており、50ccのスクーターの兄貴分に当たります。
そのバイク125cc免許が将来、「普通免許で乗れるようになるかもしれない」と色々と話題になっています。ここでは125cc免許の利便性や、なぜ規制緩和の話題が出たのか、またその問題点は何なのか、まとめてみました。
続きを読む 今、話題の125cc免許を考える

バイク免許は普通免許持ちの方が負担が少なく取得できる

普通免許持ちで教習内容がどれだけ減るのか
普通免許持ちの方がバイクの免許を取る場合は多少有利になります。学科教習の第二段階では1時限のみを受ければ良いのです。技能教習第二段階については8時限以上となっています。さらに学科試験も免除になるのです。このように普通免許持ちの方がより早くバイク免許を取れるようになっているのです。
続きを読む バイク免許は普通免許持ちの方が負担が少なく取得できる

バイク免許期間(通学と合宿の比較)

column214
通学免許と合宿免許では免許取得にかかる日数はかなり異なります。
例えば、社会人の方は基本的に会社帰り、土・日・祝祭日しか利用できないので、通学で取得する方が多いです。従って通学の場合は1日1~2時限の教習になるかと思いますが、土・日・祝日に1日5時限くらいまとめて教習すると、早く免許取得が可能です。また普通自動車免許を所持していれば学科教習がないので、その分日数はかかりません。
続きを読む バイク免許期間(通学と合宿の比較)

免許区分によるバイク免許の種類と取得年齢

column197
よくある質問に「バイク免許は何歳から取得できるの?」と聞かれます。
バイク免許は高校生など16歳から取得できる手軽な運転免許です。
しかしバイク免許と一口にいっても排気量の大きさに準じて「7種類の運転免許区分」があり、それぞれの免許には「取得可能年齢」や「運転できるバイクの種類」が決まっています。
普通免許であればAT車(オートマチック)、MT車(マニュアル)という二つの区分でしたが、バイクは大きさや種類によって修得する運転技術がそれぞれ異なるため、細かい運転免許区分があります。
またAT限定免許は「クラッチ操作機能がない」スクーターを中心としたAT車のみを運転することができます。AT車はオートマトランスミッションという速度やエンジン回転数に応じて自動的にギアを変えてくれる変速機を搭載しており、AT限定免許はギア操作が無い分、MT免許より教習時限数が少ないです。
AT限定免許でMT車を走行することは法律違反になります。AT車だけしか走行できないという意味で「限定」が付いています。
ここでは7つのバイク免許の種類と年齢や特徴、おおよその費用等をご案内いたします。
続きを読む 免許区分によるバイク免許の種類と取得年齢