1. >
  2. >
  3. 最短で卒業するには?

最短で卒業するには?

In The Shortest

普通二輪免許は合宿免許であれば最短8泊(学科26時限、技能19時限)という短期間で卒業することができます。
わたしたちは教習生全員が安全で最短で卒業できる事を何よりも願っています。
しかしバイクの教習はグリップの握り方やハンドルの傾き加減などはある程度個人の感覚に頼る部分が多く全員が同じ感覚で教習を行うことはできないため、誰でも最短で合格できるとは限りません。
ではどうすれば合格に近づくことができるのでしょうか?ここでは教習する上での心構えをご説明いたします。

コミュニケーションを取ろう!

コミュニケーションは合宿免許をスムーズに行う上で非常に重要なファクターです。
特に16~18歳の方が知らない土地で宿泊して教習するのはとても不安ですよね。「自分はちゃんと出来ているんだろうか」「失敗していないだろうか」教習の進み具合など気になる事も沢山あるかと思います。ですので、わたしたち教官はできるだけ教習生がストレスをためないよう適度にコミュニケーションを図り、一緒に問題を解決して自ら教習に対し積極的になるような雰囲気づくりを心がけています。合宿生同士、また合宿生と教官、お互いが楽しく交流を深める事が質の高い教習を生み出します。
また教習生全員が足並みを揃えて一緒に教習を行うためには「的確なアドバイス」と「反復練習」がとても重要です。そのため「安全に最短で卒業できるよう」教官全員が常に自らの運転技術と精神を養う努力しております。

積極的に情報を仕入れよう!

一番重要なポイントはやはり自らが積極的になることです。「8の字で身体の倒し方が判らない」「アクセルワークが上手くいかない」など、技能で難しいと感じる事があれば遠慮なく教官に聞いて下さい。
わたしたちも「あの合宿生にはこの指導方法が合う」「こういう気持ちで教習を受けているんだ」と改めて再確認出来ることがあると思いますので、沢山お話して運転のコツを掴みましょう。
教習コースを覚える事も大切でどの位置に信号機や標識があるか、危険な交差点の出走の方法、ウィンカーを出す位置等、検定試験で合格するための重要な情報が沢山つまっています。合宿免許の仲間と一緒にオリジナルのコースを作成するものいいでしょう!

空き時間を有効活用しよう!

技能教習では問題がなくても、学科教習の方でミスしてまう合宿生は結構いらっしゃいます。学科は覚える事があって大変かと思いますが、常識的な問題も多いので、引っかけ問題に注意すれば合格率は高くなると思います。まずは自分の苦手な問題を認識することです。教科書にアンダーラインを引いてポイントを押さえたり、空き時間を利用してパソコンで学科の勉強を反復して行うと自然と実力がついていきます。
個室なら勉強机も完備されていますので、自分のペースでしっかり勉強することもできますね。

食事と睡眠をしっかり取ろう!

バイクの合宿免許は毎日外で教習を行います。技能教習中はずっと外気に晒されており特に夏や冬場は体調を崩しやすいです。
体調が悪いと教習や技能検定試験を受けることが出来なくなり延泊する可能性が高くなりますので、最短卒業は難しいでしょう。
そうならないためにも毎日朝、昼、夕と食事をしっかり取り、また気持ちの切り替えとして睡眠は8時間取るように心がけましょう。 合言葉は「心も身体も健康に!」

まとめ

合宿生はコミュニケーションを図りお互いに積極的に情報を交換して教習のポイントを確認しましょう。また教習がない時間は学科勉強して苦手意識を克服し、食事と睡眠をしっかり取って体調管理を行うことが最短卒業の秘訣です。 わたしたちインストラクターと教習生の皆様がお互い理解を深め一緒に教習を進める事が合格への近道です。

お問い合わせ先

合宿免許のお問合せは直営【那須高原合宿予約センター】

  • 空き確認
  • オンライン入校申込
  • 資料請求
  • 電話をかける