バイク免許は普通免許持ちの方が負担が少なく取得できる


普通免許持ちで教習内容がどれだけ減るのか
普通免許持ちの方がバイクの免許を取る場合は多少有利になります。学科教習の第二段階では1時限のみを受ければ良いのです。技能教習第二段階については8時限以上となっています。さらに学科試験も免除になるのです。このように普通免許持ちの方がより早くバイク免許を取れるようになっているのです。

どうして教習内容が減るのかというと、普通免許とバイクの免許で内容がかぶっているためです。普通免許持ちの方であればすでに知っていることはたくさんあります。道路での基本的なルールを理解しており、運転する際に気をつけるべきことも熟知しているでしょう。そのためバイクの免許を取得する際には、バイクならではの時効のみを学習すれば良いために負担が減るのです。そのため普通免許持ちの方はスムーズにバイクの免許を取得することができるでしょう。

バイク免許の料金表

普通免許持ちがどれくらい安くなるのか

普通免許持ちならばバイクの免許を取得するための費用は安くなります。受けるべき講習の数は少なくなり、学科試験も免除されるためです。そのためバイク免許を取得するためにかかる費用も少なくなるのです。
一般的にはバイク免許を取ろうと思うと約15万円ほどのお金がかかります。これは教習所によって費用は多少異なるのですが、だいたいはこの程度の金額となるでしょう。ただし教習が上手く進まないと追加費用がかかってしまいます。
これがすでに普通免許持ちの場合はAT限定だと7万5千円ぐらいとなり、MT免許の場合は9万円ぐらいです。そのため新しく取得する場合に比べるとほぼ半額の場合があります。10万円を切るようになるためかなりお得になります。あまりお金をかけずにバイク免許を取得することができるのです。それだけ普通免許持ちというのは有利になるということなのです。当校の合宿免許の場合、「免許なし」と「普通免許所持」の差額は1万800円(税込)になります。

普通免許持ちは学科試験免除

バイクの免許を取るためには最短でも9日程度はかかります。しかし普通に教習所に通うつもりならばいろいろな事情があって1ヶ月程度かかってしまうことが多いです。用事ができて通えなくなることや、予約でいっぱいのことがあるからです。最短で取りたいならば合宿免許がおすすめです。バイク免許は合宿だと10日程度で取得できるようなカリキュラムを用意してくれるからです。
普通免許ありの場合は学科教習が免除されるため、通学においては期間が短縮されるでしょう。基本的には技能教習のみを受ければ良いからです。普通免許持ちの場合、理論上は最短9日間で取れるようになっています。ただし、最短で取得するにはいろいろと工夫する必要があります。教習所によっては最短期間で取得するためのコースが用意されていることもあります。いずれにしても通学なら普通免許持ちの方が学科がない分、バイクの免許を早く取得できるでしょう。すぐに免許を習得して、実際にバイクで走れるようになるのです。

普通免許持ちはバイク免許取得が有利

普通免許持ちの方はこれからバイク免許を取得する際に時間短縮や金額の面でとても有利になります。まず教習所へ通う際には学科関連のものはほとんどが免除されます。それはすでに普通免許を取得する課程で学習して試験を受けてきたものだからです。そのためほとんど技能に関連した講習のみを受けて試験をすれば良いのです。
教習内容が減ることによってバイク免許にかかる費用も安くなります。10万円未満の費用で済ませることができるでしょう。普通免許を持っている方は、より気軽にバイク免許を取得することができると言えます。教習スケジュールも短く、早ければ9日間で取得することもできるでしょう。合宿免許ならば効率よく免許取得を目指すことができます。
普通免許持ちの方でバイクの免許を欲しいと思ったら、気軽に取りに行くことができるでしょう。負担が少ないのです。