免許区分によるバイク免許の種類と取得年齢

column197
よくある質問に「バイク免許は何歳から取得できるの?」と聞かれます。
バイク免許は高校生など16歳から取得できる手軽な運転免許です。
しかしバイク免許と一口にいっても排気量の大きさに準じて「7種類の運転免許区分」があり、それぞれの免許には「取得可能年齢」や「運転できるバイクの種類」が決まっています。

普通免許であればAT車(オートマチック)、MT車(マニュアル)という二つの区分でしたが、バイクは大きさや種類によって修得する運転技術がそれぞれ異なるため、細かい運転免許区分があります。
またAT限定免許は「クラッチ操作機能がない」スクーターを中心としたAT車のみを運転することができます。AT車はオートマトランスミッションという速度やエンジン回転数に応じて自動的にギアを変えてくれる変速機を搭載しており、AT限定免許はギア操作が無い分、MT免許より教習時限数が少ないです。
AT限定免許でMT車を走行することは法律違反になります。AT車だけしか走行できないという意味で「限定」が付いています。
ここでは7つのバイク免許の種類と年齢や特徴、おおよその費用等をご案内いたします。

バイク免許の料金表

原付免許(原付1種)

通称「原チャリ」と呼ばれているミニバイクで、車両価格が手頃なので若者や主婦に人気です。新聞配達や宅配など簡単な配送業務もでき、移動がとても楽になるので日常生活で大活躍します。普通免許を取得すれば自動的に原付バイクを運転することができます。
2段階右折の義務、30kmの速度制限があります。

[ 取得年齢 ]

16歳から

[ 運転可能なバイク ]

排気量50cc以下

[ 二人乗り ]

不可

[ 教習時限数 ]

適性検査と学科試験と原付講習(3時間)に合格すると取得できます。

[ 費用 ]

運転免許試験場7,750円(試験手数料、免許交付手数料、原付講習手数料)
※各都道府県によって異なる場合がございます。

[ 運転可能なバイク例 ]

Honda エイプ
column_197_3
Honda モンキー
column_197_2
Honda ジョルノ
column_197_1

[ バイクの詳細 ]

・税金

自動車重量税:なし
軽自動車税:2,000円

・車検

なし

・ナンバープレートの色

白のプレートに黒字

小型二輪免許/AT限定小型二輪免許

原付2種と呼ばれ、この区分の車両が最も多く販売され種類も様々でデザイン性が高いバイクを乗れることができます。公道でも他の車の流れに合せてスムーズに走行できるようになり二人乗りも可能です。移動距離50キロ、街乗り程度であれば楽に走行できる万能バイク免許と言えると思います。AT限定小型二輪免許はクラッチ操作がないオートマチック限定しか運転できません。

[ 取得年齢 ]

16歳から

[ 運転可能なバイク ]

排気量125cc以下

[ 二人乗り ]

[ 高速道路 ]

通行不可

[ 教習時限数 ]

適性検査、学科教習26時限、技能教習12時限、卒業検定に合格し、運転免許試験場で学科試験、適性試験を受けます。
AT限定小型二輪免許は技能教習9時限になります。
※所持免許なし/原付免許所持

[ 最短教習日数 ]

最短6日間
AT限定は5日間

[ 費用 ]

・運転免許試験場で一発試験の場合
6,650円(試験手数料、免許交付手数料、試験車使用料)※試験合格後、取得時講習を受けます。取得時講習15,900円がかかります。
・カーアカデミー那須高原の場合(通学)
小型2輪MT 117,842円(税込) 所持免許なし

[ 運転可能なバイク例 ]

Honda グロム

スズキ アドレス

[ バイクの詳細 ]

・税金

自動車重量税:なし
軽自動車税:2,000~2,400円(排気量50cc~125CCまで
※排気量によって異なります。

・車検

なし

・ナンバープレートの色

51cc~90cc以下/黄色のプレートに黒字
91cc以上~125cc以下/ピンク色のプレートに黒字

普通二輪免許/AT限定普通二輪免許

教習所では最も多く取得されるバイク免許で、街乗りからオフロード、レーサータイプ等バイク全般を運転できます。二人乗りはもちろんの事、高速道路も走行できるので旅行やツーリングにも最適です。近年は都心と中心にAT限定普通二輪免許で運転可能なビッグスクーターが人気です。

[ 取得年齢 ]

16歳から

[ 運転可能なバイク ]

排気量400cc以下

[ 二人乗り ]

[ 高速道路 ]

通行可

[ 教習時限数 ]

適性検査、学科教習26時限、技能教習19時限、卒業検定に合格し運転免許試験場で学科試験、適性試験を受けます。
AT限定普通二輪免許は技能教習12時限になります。
※所持免許なし/原付免許所持時限になります。

[ 最短教習日数 ]

最短9日間
AT限定は7日間

[ 費用 ]

・運転免許試験場で一発試験の場合
6,650円(試験手数料、免許交付手数料、試験車使用料)※試験合格後、取得時講習を受けます。取得時講習15,900円がかかります。
・カーアカデミー那須高原の場合(通学)
普通2輪MT 132,962円(税込) 所持免許なし

[ 運転可能なバイク例 ]

Honda CB400SF
column_197_7

スズキ バーグマン400ABS

ヤマハ SR400
column_197_9

[ バイクの詳細 ]

・税金

自動車重量税:4,900円
軽自動車税:3,600~6,000円(排気量125cc~251cc以上)
※排気量によって異なります。

・ナンバープレートの色

126cc~250cc未満/白色のプレートに緑字
251cc以上/緑枠の白色のプレートに緑字

大型二輪免許/AT限定大型二輪免許

ハーレーを主軸とする1000ccを超える海外のモンスターバイク等全てのバイクを運転する事ができるバイク免許の花形です。以前は試験場のみで取得可能で、その狭き門から大型二輪免許を所持している方は憧れの対象でありましたが、教習所で取得可能になり近年はリターンライダーを中心に入校者数が増えています。車体が大きいため普通二輪免許より扱いが難しいのと運転する方の体格や技能に左右されるバイクですので、まずは普通二輪免許を取得してその後ステップアップで挑戦する事がオススメです。

[ 取得年齢 ]

18歳から

[ 運転可能なバイク ]

排気量制限なし ※AT限定大型二輪免許は650ccまで

[ 二人乗り ]

[ 高速道路 ]

通行可

[ 教習時限数 ]

適性検査、技能教習12時限、卒業検定に合格し運転免許試験場で学科試験、適性試験を受けます。
※普通二輪免許所持の場合は学科教習がありません。

[ 最短教習日数 ]

最短6日間
AT限定は5日間
※普通二輪MT免許所持の場合

[ 費用 ]

運転免許試験場で一発試験の場合
6,650円(試験手数料、免許交付手数料、試験車使用料)※試験合格後、取得時講習を受けます。取得時講習16,200円がかかります。
・カーアカデミー那須高原の場合(通学)
大型2輪MT 93,245円(税込) 普通2輪MT所持

[ 運転可能なバイク例 ]

ハーレーダビッドソン V-ROD
column_197_10
Honda NM4-01
column_197_11
ヤマハ VMAX
column_197_12

[ バイクの詳細 ]

・税金

自動車重量税:1,900円~2,500円
※経過年数によって異なります。
軽自動車税:6,000円(排気量251cc以上)

・ナンバープレートの色

緑枠の白色のプレートに緑字

※免許取得費用、税金は変更になる場合があり保証するものではありません。

限定解除

オートマチック車からマニュアル車へ切り替える事も可能です。
その場合は切り替えに必要な技能教習を受ける事が必要になります。

その他

バイクの所有者は自賠責保険に加入する必要があります。
125cc以下:7,280円~17,330円
125cc~250cc以下:9,510円~28,060円
※保険期間によって異なります。
※車検は250cc以降のバイクにかかります。

まとめ

このようにバイク免許と言っても様々な特徴がありますので、免許を取得する基準はご自身のライフスタイルや体格に合せて
選んだ方がよいでしょう。街乗りだけで使うのならオートマ限定で十分です。しかし本格的にレーサータイプやハーレーを乗りたいのならマニュアル車が必須です。保険料や税金等の事も考え免許取得後、将来どのようなバイクライフを送りたいのかしっかり考えて選びましょう。また免許の取得方法としては運転免許試験場で一発試験でご合格すれば格安に取得できますが、合格率の低さを考えると指定自動車教習所でしっかり技能を身につけた方がいいです。
一番大切な事はしっかり運転技能を身につけて、身の丈にあったバイクを乗る事です。