限定解除で小型二輪から普通二輪へ

column201
限定解除は年代によって捉え方が異なりますので、少し歴史について説明いたします。

時代の流れに伴い法改正がされ昭和50年代においては3つのバイク免許が設定されていました。
1.自動二輪(小型)(50cc~125cc以下)
2.自動二輪(中型)(125cc~400cc以下)
3.自動二輪(400cc~)

そしてこの年代の方にとってはバイク免許の限定解除と言えば、自動二輪(中型)の限定解除審査の事を指していました。
自動二輪(400cc~)免許、今で言う大型二輪免許は運転免許試験場で技能試験に合格した方、または自動二輪(中型)の限定解除審査に合格した方のみ交付されていましたが、この限定解除の審査はとても難しく合格者が出ませんでした。

現在の限定解除はこの自動二輪(中型)限定解除を指すのではなく、AT車(オートマチック)→MT車(マニュアル)への変更、小型限定二輪免許→普通二輪免許への変更等を指します。
ここでは現在の各バイク免許の限定解除の料金や時限数を説明いたします。

バイク免許の料金表

限定解除はどういう意味

正式には限定解除審査と言います。「限定条件が付いている運転免許を限定のない免許に変更する」という意味です。
以前は自動二輪(中型125cc~400cc以下)の限定を解除し、自動二輪(400cc~)の免許に変更するという意味で使われていました。

限定解除の種類及び時限数

バイクの限定解除は基本的に6パターンに分類されます。
AT車限定からMT車への限定解除、小型限定解除のパターンがあります。

1.AT小型限定普通二輪免許 → 小型限定普通二輪免許
時限数:4時限
内容:AT車限定の条件を解除

2.AT小型限定普通二輪免許 → 普通二輪免許
時限数:8時限
内容:AT車限定の条件及び小型限定の条件を解除

3.AT小型限定普通二輪免許 → AT限定普通二輪免許
時限数:5時限
内容:小型限定の条件を解除

4.小型限定普通二輪 → AT限定普通二輪免許
時限数:3時限
内容:小型限定の条件を解除

5.小型限定普通二輪 → 普通二輪免許
時限数:5時限
内容:小型限定の条件を解除

6.AT限定普通二輪免許 → 普通二輪免許
時限数:5時限
内容:AT車限定の条件を解除

7.AT限定大型二輪免許 → 大型二輪免許
時限数:8時限
内容:AT車限定の条件を解除

限定解除の方法

下記の二通りがあります。
1.運転免許試験場で直接審査を受ける方法
2.指定自動車教習所で規定時限数分の教習を受け、審査に合格し運転免許試験場で申請手続きをする方法

試験場で限定解除をする場合

column201-1
所持免許がない方が運転免許試験場で直接バイク免許を取得する場合、一発で合格する事はとても難しいと思いますが、限定解除審査の場合はどうでしょうか?
例えば教習所で限定解除審査を行う場合、AT限定普通二輪免許→普通二輪免許は技能5時限の教習になります。またAT小型限定普通二輪免許→小型二輪免許は技能4時限の教習になります。
いずれも短時間で免許取得が可能ですが、だからと言って試験場でも簡単に合格するとは限りません。試験場でも技能試験(審査)がありますので、審査合格に見合う技能が身に付いていなければ、一発試験と同様何度も失敗する可能性が大と言えるでしょう。
やはり指定自動車教習所に通って技能を身に付け審査に合格した方が近道かと思います。

限定解除の審査の流れ

指定自動車教習所の場合
入校

技能教習(規定時限数以上)

卒業検定(審査)

技能審査合格証明書交付(教習所卒業)
※合格証明書は審査合格日より3ケ月間有効です

住所地の運転免許試験場で手続き
必要な書類
・限定解除審査証明書(試験場にあります)
・手数料1,400円

免許証条件変更

※直接試験場で限定解除審査を受ける場合
試験手数料1,400円 車使用料1,450円 合計2,850円がかかります。
服装は長袖シャツ、長ズボン、くる、ヘルメット、グローブが必要です。

限定解除のメリットとデメリット

バイクはライフスタイルや運転技術に左右される乗り物だと思いますので、ご自身がどのようにバイクに接していくかが重要だと思います。

メリット
1.小型二輪を取得してバイクの操作に慣れてから普通二輪を取得することで、安全にステップアップできる
2.オートマチック車、マニュアル車の両車種の醍醐味を味わえる
3.短時間でマニュアル車に変更することができる。

デメリット
1.教習所に最入校する手間がある。
2.入学金や審査合格証明書等の発行手数料が別途かかる

まとめ

小型二輪に乗っている方はパワー不足を感じ普通二輪へ変更する方がいるかと思います。またビッグスクーターであればマニュアル車でマシーンを操ってみたいと思う人もいるでしょう。バイクはとにかく楽しい乗り物ですので、ご自身がこれに乗りたいと思う免許を取ればいいと思います。
限定解除にかかる費用や時間もあなたのライフスタイルを妨げるものではないでしょう。その場合はやはり指定教習所でしっかり技能を身に付け教習所を卒業した方が無難です。教習時限数が少ないので、学校や会社で忙しい人もちょっとした空き時間を利用して取得できるのは利点です。そういう意味では最初に合宿で一気に免許を取得した後に通学で限定解除をしてもいいと思います。
教習時限も少ないので、もし迷っているなら思い切って入校した方が絶対いいと思います!