いきなり大型二輪免許を取るのは難しい。

14
バイクに興味がある方はバイクのデザイン性に魅かれて、免許を取ろうと考える方も沢山いらっしゃると思います。ところがその憧れのバイクが排気量400cc以上のバイクだったらどうしましょう?海外のバイクメーカーではデザイン性が高い排気量1000cc以上のモンスターバイクを販売されているところもあり、ライダーだったら誰しも乗ってみたいと思うはずです。(大型二輪のAT限定は排気量650cc以下まで)
排気量400cc以上のバイクを運転するには大型二輪免許が必要になりますが、普通車免許だけを所持していて、普通二輪免許を所持していない方がいきなり大型二輪免許に挑戦する事は正しい選択でしょうか。

大型二輪免許の料金表
column25-1

普通二輪とは全く違う

法的には普通二輪免許を所持していなくもて大型二輪免許は取得可能です。
ですが、いきなりの取得はオススメしていません。
やはり大型二輪の教習車は普通二輪の教習車と比べパワーや重さが断然異なります。従って取り回し(エンジンをかけない状態で押し歩くこと)や転倒時のバイクの起こし方など基本的な事でさえスムーズにいかない場合があります。またクラッチ操作においても普通車免許AT限定しか所持してない方は概要を理解するのにも沢山の時間を有することでしょう。
普通二輪も大型二輪もクラッチ操作を覚えれば同じだろうと考えている方がいるとしたらそれは大きな間違いで、基本的な走行中に転倒する方が多いのはやはりその車体の大きさが理由かもしれません。
バイク免許取得は転倒した時にすぐ起こせるか、停止状態が安定しているかなどが基本ですので特に身長が低い方、女性の方は苦労する場合が多いようです。
技能教習の基礎を学びとりあえず動けるようになるまでにかなりの苦労を要すると思います。

市販されているものによっては大型バイクでも軽量ものもありますし、中型バイクの方が重く感じる場合や加速が優れているものありますので、一概に大型二輪免許の方が重く乗りづらいとは言えませんが、教習所の大型バイクの教習車は大きく重いです。ただし、以前の教習車はHondaのCB750でしたが、現在はHondaNC750Lを使用しておりCB750よりシートが低くなっており車両自体も軽くなりましたので、大分教習しやすくなったと言えます。

技能時限数について

[普通二輪免許所持の場合]
1段階/5時限、2段階/7時限 合計12時限です
[普通車免許所持の場合]
1段階/14時限、2段階/17時限 合計31時限です

普通車免許所持の場合は普通二輪免許所持より19時限も多く乗車することが義務づけられています(最短の場合)
波状路という大型二輪独自の課題がありますが、それ意外はほぼ教習内容は普通自動二輪と一緒ですので、
19時限も多く基本走行をしっかり学べると言えるかもしれません。しかしその分大型二輪に慣れるまで時間を要し基本的な操作がとても重要だと言い換えることができます。
合宿の場合ですと普通二輪免許所持は最短5泊、普通免許所持の場合は13泊とここでも大きく差がでます。社会人の方は13泊もなかなか休みが取れないと思いますが、
5泊であればゴールデンウィークやシルバーウィーク等を利用して取得することも可能です。

大型二輪の合宿の料金について

所持免許によって大きく違いがありますので、しっかり教習料金は確認して下さい。

[普通二輪MT免許所持の場合]

94,500円(税込)

[普通車免許所持の場合]

176,580円(税込)
※閑散期の料金です。(h30.4.1現在)
大型二輪免許の料金表

2倍以上の差があります。

では普通二輪MT免許の料金はどうでしょうか?

[普通車免許所持の場合]

84,240円(税込)
※閑散期の一番安い料金です。スタンダードコース(h30.4.1現在)
普通二輪免許の料金表
普通車免許所持の方が大型二輪免許をいきなり取る場合は176,580円(税込)
普通車免許所持の方が普通二輪免許を取得してその後、大型二輪を取得する場合は178,740円(税込)
その差は約2,000円とあまり変わらない事がわかります。

料金が変わらないなら、やっぱり大型二輪をいきなり取ろうと思うかもしれませんがここに大きな試練があります。
万一技能や検定で失敗したときの追加料金です。
前述の通り初心者が大型二輪を操作するのはかなり難しく、沢山乗り越しする場合が考えられます。
その場合その都度技能教習料金や学科試験、合宿の場合は宿泊料金が発生しますので終わってみれば予算オーバーしてしまった…という事も考えられます。
料金の面からみてもまずは普通二輪免許でしっかり技能を身につけバイクに慣れた上で、大型二輪免許を取得する方がいいでしょう。
その時は最短5泊で取得できる確率は大きいです。
大型二輪を取得する時期は普通二輪を取得してからできるだけ早い方がいいと思います。
実は1年以上バイクを運転すると個人の運転癖というものが出てきて、教習でその癖を修正するのが結構大変です。合格するのはやはり規定にのっとった基本操作が重要になってきますので、癖があるとなかなか合格まで苦労するかもしれません。

それでも大型二輪の免許取得したい方へ

当校ではまずは普通二輪を取得していただく事を勧めていますが、直接大型二輪を希望しても入校を拒否する事はありません。
教習中にやっぱり難しいと思った方や、指導員が危険を感じた場合はご相談ください。
教習中に事故を起こした場合は大変な事になりますので、指導員は安全第一を考えたプランをご提案させていただきます。