バイクMT車の魅力とは

35
バイク免許といえば、一度はバイクの花形のハレーを乗りたいと思う人が多いと思います。
ハレーはMT車しかありません。間違ってたらスミマセン…。
AT限定免許を取得して、結局のところMT車にしておけばよかったと後悔する方も結構多いようです。

MT車の醍醐味

やっぱりクラッチとギアの操作を自分でコントロールし、バイクの持つ性能を引き出し走行することがだと思います。
バイクはエンジンで空気と燃料を混ぜた混合気を爆発させ動力に変え、それをチェーン等で後輪に
伝え走行します。エンジンとチェーンの間にあるものがトランスミッションと呼ばれいわゆるギアを変える変速機です。MT車はマニュアルトランスミッション、AT限定はオートマチックトランスミッションと呼ばれています。
トランスミッションの役目はずばり速度調整ということになります。
エンジンの動力をタイヤに直接伝えても上手く走行することができず、このギアを介すことでスムーズに適切な力で走行することができます。
自転車で思い浮かべると分かりやすいです。発進には大きな力で、スピードが出てくると力は必要なくなるでしょう。ギヤ付きであれば発進時は軽いギヤで発進し、スピードがある時は重いギヤに変え、スムーズな走行が可能です。この調整を行う装置がミッションということになります。
そしてこの動力をトランスミッションに伝える葬儀がクラッチになります。
ライダー自身がこのクラッチを切ったりして自在にスピード調整を行う事がMT車の魅力であったり、また免許取得時においては難しく面白いところでもあります。
クラッチ操作する場合はエンジン回転にも注意しなければなりません。
タコメーターの回転数を確認して適切なギアチェンジを行うことが重要ですが、いつも頭を下に向けてタコメーターを見ているようでは前方不注意で危険です。
教習所では練習を積んで体が自然と反応するように、しっかり技能教習を行いますのでご安心下さい
ギアチェンジがスムーズに行えるようになればスポーティーな走行や、ゆったりした走行等道路状況に合せて運転する事ができバイクをより楽しむことができます。

普通車免許を所持していれば、なんとなくギアチェンジ感覚はわかるかもしれません。操作は全く異なりますがイメージとしてはつきやすと思います。
また普通車免許所持なら学科教習の時限数も1時限となり、技能教習や免許試験に専念して勉強できるでしょう

MT車の操作はとても面白い

自分の中で課題がみつかると、「こうすれば良かった」「これなら大型二輪に挑戦できそう」など、沢山の欲求、夢が湧いてくる何とも言いがたい
自動車などにはない面白い車種だと思います。ライダーしか分からない操作感覚こそ、このマニュアル車の魅力でしょう!
カーアカデミーならスタンダードコースで8万円台から取得可能です。かなりお得な料金になっていますので、是非チャレンジして下さい!