バイク免許は普通免許持ちの方が負担が少なく取得できる


普通免許持ちで教習内容がどれだけ減るのか
普通免許持ちの方がバイクの免許を取る場合は多少有利になります。学科教習の第二段階では1時限のみを受ければ良いのです。技能教習第二段階については8時限以上となっています。さらに学科試験も免除になるのです。このように普通免許持ちの方がより早くバイク免許を取れるようになっているのです。
続きを読む バイク免許は普通免許持ちの方が負担が少なく取得できる

バイク免許の卒業検定はリラックスして臨むことが大切です


バイク免許を取得するためには最後に卒業検定を受けてそれに合格しなければいけません。卒業検定では実際にバイクに乗って運転をする様子をチェックしてもらうことになります。そのため多くの方は緊張しています。
続きを読む バイク免許の卒業検定はリラックスして臨むことが大切です

バイク免許期間(通学と合宿の比較)

column214
通学免許と合宿免許では免許取得にかかる日数はかなり異なります。
例えば、社会人の方は基本的に会社帰り、土・日・祝祭日しか利用できないので、通学で取得する方が多いです。従って通学の場合は1日1~2時限の教習になるかと思いますが、土・日・祝日に1日5時限くらいまとめて教習すると、早く免許取得が可能です。また普通自動車免許を所持していれば学科教習がないので、その分日数はかかりません。
続きを読む バイク免許期間(通学と合宿の比較)

初めてバイク免許を取る方へ、種類や費用、取得方法、年齢、教習内容をチェック。


よくある質問に「バイク免許は何歳から取得できるの?」と聞かれます。
バイク免許は高校生など16歳から取得できる手軽な運転免許です。
しかしバイク免許と一口にいっても排気量の大きさに準じて「7種類の運転免許区分」があり、それぞれの免許には「取得可能年齢」や「運転できるバイクの種類」が決まっています。
バイクは大きさや種類によって修得する運転技術がそれぞれ異なるため、細かい運転免許区分があります。
またAT限定免許は「クラッチ操作機能がない」スクーターを中心としたAT車のみを運転することができ、MT車を走行することは法律違反になります。AT車だけしか走行できないという意味で「限定」が付いています。
ここでは7つのバイク免許の種類と年齢や特徴、教習料金、免許取得方法、教習内容等をご案内いたします。
続きを読む 初めてバイク免許を取る方へ、種類や費用、取得方法、年齢、教習内容をチェック。

履歴書で恥をかかない正式名称の書き方

colum165就職の第一時選考である書類審査では履歴書が元に審査が行われます。そこで重要になるのが資格の欄です。会社の人事部が最初に見る内容はどんな資格を持っているか?で、特に国家資格を所持している方は就職に有利と言えるでしょう。そこで更に重要な事は履歴書がしっかり丁寧な字で正式な名称を記入しているかという事になります。正式な名称を知っているという事はそれだけその事に関心、精通しており、とても几帳面な人だと評価されます。
ここではバイク免許の正式名称を解説します。
続きを読む 履歴書で恥をかかない正式名称の書き方